スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はや1年。

去年の今日は、私が現在通っている学習院大学経済学部の入学試験の日。

時がたつのは早いなぁとおもいます。


こんにちわ、きょーすけです。


さて、続きを読むでどーぞ。

突然ですが、大手予備校などが出している、受験生の合格体験記を見ると

「問題を解き終わった後、『ここは合格した!』」というような手ごたえを感じることができた。

というような記述を見ることができますが、
私自身、学習院大と中大の問題を解き終わったあと、やはり「ここは受かった。」と感じたんです。


特に、中大の入試のときは、問題を解きながら

「なんでこんな簡単な問題なんだろう?皆解けるじゃん・・・」

とか今になってみるとすごいことを考えながら解いていた記憶があります。


そして最近、予備校のバイトが一段落したので
バイトの合間に私が受験で問題が解き終わった際に「受かった。」
と思った入試問題の答え合わせを、

赤本(大学の過去問題集)

私が実際に使った入試の問題用紙

の二つを用意してやってみたんです。


答え合わせをしたのは

・学習院大経済学部
・中央大経済学部(2/15日)

の2つ

この2つの入試はどれも問題自体は簡単で
いわゆる「高得点勝負」な問題です。

ちなみに、学習院大経済学部は入試科目が
国語(150点満点)
英語(150点満点)
日本史(150点満点)
の計3教科450点満点で、おおよそ7割5分にあたる340点前後が合格のボーダー。

中央大経済学部は入試科目が
国語(100点満点)
英語(150点満点)
日本史(100点満点)
の計3教科350点満点で、おおよそ7割にあたる240点前後が合格のボーダー。


さて、私の得点はというと・・・。

学習院大経済学部

国語・・・129/150点

英語・・・105(?)/150点

日本史・・・104/150点

計・・・338点/450点


中央大経済学部

国語・・・72/100点

英語・・・105(?)/150点

日本史・・・68/100点

計・・・245/350点。

*英語の点数に「?」マークがついてるのは
それぞれ10点分の英訳問題があり、私の回答が模範解答とは少し違っていたため
採点を10点満点中3~4点で計算したため。


本屋の大学入試スペースに行けば、必ず置いてある赤本ですが
あの赤本の解答というのは有名国立大学の学生がバイトとして解いているので
時たまミスがあることはありますが・・・。

私自身、採点していて

良く受かったなと。

このほかにも、法政大学にも合格していますが
こちらは補欠合格→繰り上がり合格だったので放っておくとしても・・・。


ボーダーぎりぎりの点数しか取れていないのに、
入試が終わった瞬間に「受かった。」とかおもってた自分の図々しさに呆れるばかりですorz
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。